non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

MavericksでNodObjCを試すには

こんにちは、長男の予定時間とおりの登園が目下の最重要克服課題です。次男は離乳食始めましたが、 次男ということもあり、しょっぱな飛ばし過ぎたようで、いつもより多く吐いてしまっているので、 ちょっと様子見といったところです。@kjunichiです。
 

とくに理由はないが、Objective-C以外でCocoa APIを叩きたい

MacRubyは、macgemが動かない問題があり、RubyCocoaはベースのRubyが1.8系という事があったりで、Ruby以外の言語に浮気してみたw。 npm install でフツーにすると

 
CXX(target) Release/obj.target/xmljs/src/libxmljs.o
../src/libxmljs.cc:5:10: fatal error: 'libxml/xmlmemory.h' file not found
#include <libxml>
         ^
1 error generated.
make: *** [Release/obj.target/xmljs/src/libxmljs.o] Error 1

とヘッダがないエラーで怒られる。 locateコマンドで確認すとごっそりXcode配下のSDKが挙げられるのに。 そこで

 CXXFLAGS=-I//Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.9.sdk/usr/include/libxml2 npm install NodObjC

まとめ

今回は、node.jsでやはりあったCocoa APIブリッジを試す準備が出来ました。 ちなみに、ヘッダのパスの指定の問題がすぐに理解できなかったので、 Homebrewで10.9にしてから避けていた brew upgrade をやってOctaveがアップグレードに失敗したり、wxWidgetもなんかコケたり しながらの産物でした。

関連記事

 

1年後の記事

3年後の記事