non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

気が付いたら2022年も3月になってた件

こんにちは。先日の3連休は最終日に子供達と奥さんはスノーボードとスキーに行き、自分はグラベルロードバイク若洲海浜公園へ行ってきた@kjunichiです。

背景

1月中に書こうと思いつつ、すっかり忘れてもう3月も終盤という。

中身

特にない。こうやって今年の記事を書くことで、過去の記事参照して、このブログまだ生きてるのか気にしてくれる方が万が一いた時の為に更新ておくことした。

最近の活動

相変わらず週末はグラベルロードバイクで主に多摩川サイクリングロード周辺に出かけている。 (3月になってからは花粉症が酷くて、出かけないましくは、短距離で終わることが多い気もする。)

久しぶりにJavaの物理本をかった

1年ほど前からJavaを書く作業が発生していたが、今年になって本格的にJava8以降の書き方や考え方などが必要になり、購入。 結構自分としてはコスパ良かったと思えた。

あとがき

AWSのお勉強とか書きたいと昨年思いながらも、Dockerのコンテナ?をデプロイする程度の ことも一度だけHello World的なの動かしてすっかり忘れてしまっていて、 今年こそは、もう少し進めたい。

そういえば、今月中には初詣に行かねば。

関連記事

Chromeの開発ツールでfetchして結果をみるには

こんばんは、子供たちが最近ジョジョの奇妙な冒険にハマっている@kjunichiです。

背景

仕事で、新旧システムが混在している環境で、新旧システムが同一のドメインなのでクライアントからはJavaScript経由で通信すれば、旧システムと通信できるはずだが、インフラ周りの設定等あるかものなので、実際に確認してみようということに。

いまどきなら、fetch APIだろ

XMLHttpRequestでのサーバとの通信もすっかりこのところ手を動かしておらず、忘れ気味。 fetchもさすがに2021年なので、普通に使えるだろと思い、Chromeの開発ツール内におもむろに MDNからコピッた以下のコードを実行するものの、肝心のサーバからの応答がコンソールに出力されない。

fetch('/entry/2021/11/22/214623')
  .then(response => response.text())
  .then(data => console.log(data));

解決方法

await使って同期してからconsole.logでサーバからの応答を確認できた。

res = await fetch('/entry/2021/11/22/214623')
text = await res.text()
console.log(text)

としてら、無事にサーバーからの応答を確認できた。

オチ

が、どうやら正常にサーバーが応答すれば、最初の方法でもコンソールに出力される模様w

子供に円周率の質問をされ、ビュホンの針を思い出しjuliaのコードを修正してマルチCPUで動かした

こんばんは。ブラックウィドーを奥さんと長男が観て、次男と自分はゴジラvsコングを観た@kjunichiです。

背景

長男が円周率について質問して来たので、モンテカルロ法を思い出し、それからビュホンの針を思い出し、Juliaでの実装がないかを調べた。

Juliaによるビュホンの針の実装

以下を見つけた。

https://storage.ey.md/Technology%20Related/PDFs%20and%20Books/Getting%20started%20with%20Julia%20Programming%20Language%20by%20Ivo%20Balbaert.pdf

@paralleは使えない!?

Juliaでマルチコアを使う記述方法がどうやら変更があったようで

use Distributed

を宣言して、

@parallel

@distributed

に書き換えるだけで動いた。

ベンチマーク

今年作ってビデオカードが買えずにいる仕事でも使ってる自作PCと、有り金全部注ぎ込んで買った8コアのMacBook Proで 試した。

自作PC

大枚叩いて買った8コアのMacBook Pro

@time buffon_par(10000000000)
32.051117 seconds (2.57 k allocations: 107.734 KiB)

おわりに

どうやら、見つけたコードは書籍の中のコードだった様だが、書籍も新しい版が出ているようで、こちらは、 @distributedに変更されていた。

確率的に求めるということで、数学ガール乱択アルゴリズムを思い出した。