non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

MSVC版のVimをビルドしたくて、Win32.makを入れるの滅茶苦茶手間取った件

この記事は@kjunichiのパーソナルアドベントカレンダーの17日目の記事です。

:terminalが使えるVim

github.com

をTLで見かけ、Surface Goに:terminalが使えるVimを入れてないことを思い出して、 MSVC版のVimをビルドするにはWin32.makが必要で、Windows 7.1 SDKを入れるないといけないことも 思い出した。

VS2017にWin7.1 SDK

とりあえず見つけたのが、

入手可能な Windows SDK について – JAPAN Platform SDK(Windows SDK) Support Team Blog

しかし、インストーラーが起動してインストールしているようだが、最終的にはwin32.makがインストールされない。

そこで、さらに調査を進めw、

qiita.com

を見つけ、これでwin32.makが入ると思いきや、インストールされず。。

インストーラのログをたまたま見つけて、覗くと、

21:19:17 2018年12月16日: [SDKSetup:Info] File succesfully downloaded - source:file://rmbp.local/GRMSDKX_EN_DVD/Setup/WinSDKNetFxTools_amd64/cab1.cab target:file:///C:/Users/kjunichi/AppData/Local/Temp/SDKSetup/WinSDKNetFxTools/WinSDKNetFxTools_amd64/cab1.cab size:6844196

と怪しげなcabファイルの存在を知り、file:///C:/Users/kjunichi/AppData/Local/Temp/SDKSetup/WinSDKNetFxTools/WinSDKNetFxTools_amd64フォルダにsetup.exe相当のインストーラーを起動。

すると、何かのインストールが始まり、これが完了して、Win32.makを探すもインストールされていない。

が、このあと、SDKのSDKSetup.exeを再度起動すると、修復オプションが選べるようになって、ここで、改めて、 ヘッダ、ライブラリのチェックをつけてインストール。

これで念願のwin32.makが手に入り、Surface GoでVimをビルドできた。

関連記事

6年前の記事

4年前の記事

2年前の記事

1年前の記事