non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

RemacsのmacOSのGUI版が復活して動かせるようになってた

こんばんは、最近はkindle fireで兄弟でFPS系のゲームをやっていることが多くなってきました。@kjunichiです。

背景

abrakatabura.hatenablog.com

build

git clone https://github.com/remacs/remacs.git
cd reamcs
./autogen.sh
./configure --with-ns --prefix=/opt/remacs
make
make install

make install しないと、--with-nsをつけてconfigureしていると、Remacs.appを起動しても即死するだけになるので注意。 また、make installしても--with-ns付きの場合は、特にprefixで指定したフォルダにコピーされるようなこともない模様。

実行結果

spacemacsもフツーに動く。

www.youtube.com

git pullしたら、ビルドできなくなる問題

git pull
make clean
make

すると結構な確率で以下のようなエラーでビルドが失敗する。

Invalid time specification
make[2]: *** [loaddefs.el] Error 255
make[1]: *** [../lisp/loaddefs.el] Error 2
make: *** [src] Error 2

傾向と対策

head config.log

この出力される./configureのオプションを暗記しておく。

rm -rf *
git reset --hard

headコマンドの先ほどの結果を参考に

./configure --with-ns --prefix=/opt/remacs
make

この方法は、以下のISSUEで知った。

github.com

関連するrebuild.fmの回

関連記事

15年前の記事

12年前の記事

7年前の記事