読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

kindle fire HD6でChromeを動かした

おはようございます。長男のトイレトレーニングが進み、来週からは保育園でもおむつではなく、パンツでの練習になります。kjunichiです。

はじめに

fire HD6を1万未満で購入したので、なにか新しいこと出来ないかと前世代より大幅に速度アップをきたしたがSilkがどうにももっさりなので、Firefox、Nightlyと手を出すも、WebGLの表示が乱れ現状では使いものにならない。そこで、Chromium for Android

Dockerでやったが

始め、Chromiumビルド用のコンテナを作って作業を試みた。

しかし、Chromiumのビルドはマシンパワーもさることながら、メモリを大量につかう。Linux版など8GB程度のメモリを用意できない奴はビルドするな!と読めるような英語の分かりにく公式ページするある。

OSXのDocker付属のboot2dockerのデフォルト設定ではAndroid向けのChromiumのビルド作業でもやはり、メモリ不足。さらに、仮想マシンのHDDまで使い尽くし詰んだ。

VirutalBoxでフツーにリトライ

Ubuntu14.04の日本語リミックス版を入れて、メモリ容量を5GBほど割り当てた仮想マシンを用意して行った。

手順

作業ディレクトリを作る

作業用ディレクトリを作成し、以降はこの配下で作業を行った。

cd
mkdir chromium
cd chromium

Chromium用のビルドツールを入れる

audo apt-get install git
sudo apt-get install build-essential
git clone https://chromium.googlesource.com/chromium/tools/depot_tools.git
export PATH=`pwd`/depot_tools:"$PATH"
sudo dpkg --add-architecture i386
sudo apt-get update
fetch --nohooks --no-history android
cd src
git checkout master
cd ..
gclient sync
echo "{ 'GYP_DEFINES': 'OS=android', }" > chromium.gyp_env
gclient runhooks
sudo apt-get install openjdk-7-jdk
src/build/install-build-deps-android.sh

Chromiumをビルド

cd src
ninja -C out/Release chrome_shell_apk

待つこと数時間、幾つか警告出るもapkが

  • out/Release/apks/ChromeShell.apk

に出来た。

出来上がったapkをfire HD6に入れるには

あらかじめ、fire HD6本体の設定で、外部のアプリをインストール可能な設定にしておく。

scp->Dropbox->http-server

Chromium for Android向けのマシンとfire HD6にDropbox入れていれば、もっとスマートに出来たが、ローカルに建てたHTTPサーバーにapkを置いて、このページをfire HD6で開きインストールした。

fire HD6でChromiumを使ってみて

 良い事

  • Silkよりサクサク動く
  • WebRTCが動いた
  • WebGLが動いた

良くないこと

ページが真っ白になることがある

アプリ切り替えて戻った時などに発生する感じ

新しいタブを開くリンクがNG

普通のページ遷移のリンクは問題なさそうだが、別ウィンドウで開く様なリンクは無視される。

関連記事