non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

gopheronのCIが「fatal error: CImg.h: No such file or directory」で落ちるのを直した

こんばんは、このところ子供たちは、車に夢中でとくに、イニシャルDや湾岸ミッドナイトに影響を強く受けて、ミニカーでは飽き足らず、ネットで車の写真やペーパークラフトの展開図を見つけてプリントアウトして様々の車を登場させて遊んでいます。@kjunichiです。

背景

gopheron脆弱性対応をおこなって久しぶりにgit pushしたら、CIのtravis ciで

fatal error: CImg.h: No such file or directory

というエラー

対応

結果的にはcimg-devを入れればよかった。

travis ciの仮想マシンLinuxがバージョンが上がって別途CImgの開発パッケージを明示的にインストールしないといけなくなった模様。

.travis.ymlに以下を追加することでTravis CIのバッジが再び緑色になった。

 packages:
      - xvfb
      - xvfb
      - imagemagick
      - imagemagick
      - cimg-dev

関連記事

3年前の記事