non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

東大の過去問をPerlに解かせようとしたらbignumとbigintの違いを知った

おはようございます。先日長男が奥さんと二人で、キッザニアのように職業体験できるアミューズメントパーク?に行き、パイロットや、スープ屋さんやら色々な職業体験をしてきた@kjunichiです。
 

東大の過去問

フラッとテラテイルの質問を久しぶりに眺めていたら見つけた。

すでにRubyPythonで解かれていた。

Perlでやってみた

先日公開されたPaiza.ioへアクセスしてPerlで解いてみた。 PerlRubyと違い、標準では任意の桁数での演算はできないが、大きな桁数を扱うにはbignumというのを使えば出来そうだというのを以前Qiitaで見つけて、これを使ったが、 どうも答えが違う。そこで、bigintというのに変えたら、他の言語の回答と一致した。

まとめ

bignumとbigintの違いを調べなくては。

関連記事

 

8年前の記事

4年後の記事