non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

数年ぶりにFirefoxをビルドして動かした

末は息子の保育園の保護者会に出席した@kjunichiです。当日は雨のため、お散歩の予定がDVDの上映会となり、園の紹介と、3月に卒園した父母が作成したDVDを観ました。 息子は延長保育で遅くまで残っているので、顔見知りの子どもたちの成長の様子を見ることができ感動しました。

 

 対象OS

Mountain Lion

その他背景となる環境

homebrew

 きっかけ

10年周年を迎えるブログを整理して、Mac miniを使っていたころにFirefoxをビルドする 記事を書いていたのを見つけたので、外付けのUSB3.0のHDDをタイムマシンのみ使うのももったいないので、 今回試してみることにした。(MacBook Pro Retina 15インチなので、内蔵のSSDは大事に使ってるw)

 Mozillaのページを斜め読みしつつ実施

日本語のページは、残念ながら、俺がMac miniの記事を書いた当時の情報くらいしか見つからず、 基本英語のページをあれこれ見てやってみた。

 ソースはどうやって落とすのか?

どうもftpサイトは個別のソースは見れるが、固められてない模様。 mgetとかで力技でやるのもなぁ、ということで、 今回はhgコマンドでベータ版のソースを持ってきやってみた。

hg clone http://hg.mozilla.org/releases/mozilla-beta/ beta-src

 参考ページ

 ビルドするぞ

とりあえずビルドしようとしたら、autoconf2.13が無いと怒られ一時途方に暮れたが、 Mac OS X Build Prerequisites ここに書いてある以下のワンライナーを実行すると簡単にビルドに必要な環境が出来た。

curl https://hg.mozilla.org/mozilla-central/raw-file/default/python/mozboot/bin/bootstrap.py > bootstrap.py && python bootstrap.py
./mach build

 参考ページ

昔は、

make -f client.mk build

だったけどなぁ、いまでもこの記述が散見されるけど。。。

 外付けHDDのNightly.appを内蔵SSDにコピル

 内蔵SSDからだとアップルにレポートを送る画面が現れ、動かない件

cp -r

やってダメで、

cp -a

だと、シンボリックシンクのままコピーされるので、ライブラリがリンクできずに死んでいたようです。

cp -RL /Volumes/BF1THDD/work/mozilla/beta-src/obj-x86_64-apple-darwin12.3.0/dist/Nightly.app ~/work/

とやることで、無事内蔵のSSDから起動できるようになりました。

関連記事

 

8年前の記事