non vorrei lavorare

2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化を親として迎えるブロガーの書く、子供との日常

Tigerで構築したimapサーバをLeopardで動かす

はるか昔、このブログでも記事にしたのですが、PPCMac miniimapサーバを構築しました。が、もともと予備のimapサーバとして作ったので、Leopardに移行して、すっかり動かしていませんでした。

そんなわけで、今週末、思い出したように動かそうと悪戦苦闘した結果をメモッておきます。

Leopardはxinetdすらなく、launchd経由でimapdを動かすことがポイントでした。

/System/Library/LaunchDaemons
配下に
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple Computer//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd"><plist version="1.0">
<dict>
        <key>Disabled</key>        <false/>        <key>Label</key>        <string>imapd</string>        <key>ProgramArguments</key>        <array>
                <string>/usr/local/sbin/imapd</string>
                <string>--inetd</string>
        </array>
        <key>inetdCompatibility</key>
        <dict>
                <key>Wait</key>
                <false/>
        </dict>
        <key>Sockets</key>
           <dict>
                <key>Listeners</key>
                <dict>
                        <key>SockServiceName</key>                        <string>imap</string>                        <key>Bonjour</key>
                        <true/>
                </dict>
        </dict>
        <key>SessionCreate</key>
        <true/>
</dict>
</plist>

関連記事

5年前の記事

2年後の記事

3年後の記事