non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

iOS11でWebRTCがiPhoneのSafariで使えるのか試した

おはようございます。最近、長男は依然と別人のように、物事をテキパキとこなすようになってきたのですが、要領のよかった次男が逆に、ダラダラ、グズグズな状態が続いてます。kjunichiです。

背景

数年前に、WebRTCの存在を知り、ブラウザ上でWebカメラから映像を取得できるという ので、一時期ハマっていた。

WWDCあたりで、SafariがWebRTCに対応するらしいとの情報を目にしたが、懐疑的であった。 どうせ、Mobile Safariでは使えないとかのオチだろうと思っていた。

以前のURLでWifiの設定画面開けたのを無効にされたことをいまだに根に持っており、 この辺り、アップルを信用していないw。

やってみた

APIがプロミスベースの今どきのWebRTCを使う必要がある

videoタグに付けなければいけない属性がある

github.com

video.setAttribute("playsinline", true);

背面カメラを使うには

成果物

速度的にどうなんだろ?ってことで、大昔作った、顔検出するコードをベースに、 顔検出するページを作って動かして、その様子をiOS11で新たに追加された録画機能で動画を撮ってみた。

youtu.be

関連記事

13年前の記事

10年前の記事

9年前の記事

6年前の記事

5年前の記事