non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

Travis ciがいつの間にかOSX向けのテストが動くようになり消耗した件

はじめに

この記事は、@kjunichiの2015年パーソナルアドベントカレンダーの17日目の記事です。

どうやらFacebookのおかげらしい

見よう見まねで.travis.ymlを書いており、OSX向けにもテストしろと書いていた模様。 以下が、分かった。

ちなみに、travisの古い書き方での対応となっており、新しい書き方だと若干ちがうこともありそう。

apt-getはOSXにはない

if [ "$TRAVIS_OS_NAME" == "linux" ]; then sudo apt-get -qq install rake bison git gperf g++-4.8 libev-dev libevent-dev libjansson-dev libjemalloc-dev libxml2-dev libssl-dev zlib1g-dev; fi

OSXだとnvm installがソースからのビルドになる?

  - curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
  - export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
  - nodebrew install-binary 5.2.0
  - nodebrew use 5.2.0

OSXだとrvmでruby 2.2がすぐには入らない

mrubyのビルドには特にrubyのバージョンを指定せずとも支障ない模様。

- if [ "$TRAVIS_OS_NAME" == "linux" ]; then rvm use 2.2; fi

gcc-4.8をapt-getしても入らない?!

これは、OSXのテストとは関係ないが、今回の作業でかなりハマった。 nanがバージョン上がり、c++11規格に対応したコンパイラでないと動かなくなって これが発覚した。

if [ "$TRAVIS_OS_NAME" == "linux" ]; then export CXX="g++-4.8 -std=c++11"; fi