non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

NvidiaのOpenCLのサンプルをVC++ 2010 Expressで動かすには

64ビット版のWindows 7の場合、VC++ 2010 Expressをインストールしただけでは64ビットなアプリをコンパイル出来ません。

一方、nvidiaOpenCLのサンプルは64ビット版が分かれており、これをインストールします。

VC++ 2010 Expressの64ビット対応

そんなわけで、VC++を64ビット対応する必要があります。
それには、「Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4」をインストールすることで対応できます。

関連リンク

Visual C++ プロジェクトを 64 ビット プラットフォーム用に設定する

NvidiaOpenCLサンプルの変更

VC++はこうして対応できますが、nvidiaのサンプルはそのままでは対応出来ません。

変更する必要があります。

oclRelease_vc9.slnをVC++ 2010 Expressに変換します。

次に、構成をx64に変更します。(Win SDKをインストールすることで、この選択肢が選択可能になります。)

その後、各プロジェクトのプロパティを開き、構成プロパティ->VC++ディレクトリのライブラリディレクトリに「C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.1\Lib\x64;」を追加します。

以上で、OpenCLのサンプルを64ビットのWindows 7環境でコンパイルできるようになります。

関連記事

関連記事

2年後の記事

5年後の記事