non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

Blenderで初めてのアドオンを作るまで ~その1~

おはようございます。最近、保育園に子供たちをお迎えにいってから保育園を出るまでの時間がかかりすぎるのが不満ですが、すこし改善しつつあります。kjunichiです。

背景

第3回:3月26日(日)Blender勉強会(UE4よちよち勉強会_スピンオフ)@HDE(渋谷) : ATNDにも参加して例年にも増してBlenderでなにかやろうという意気込みはある。

勉強会当日作ったコードをプラグイン化して、レンダリング画像をPOSTしてTensorflowで画像分類するサンプルを Webサービス化したURLに投げ、結果を表示するという一連の処理を実現しようとしている。

作りたいアドオン

URLを設定し、ボタンを押すとJPEG形式でレンダリングを行い、 結果を登録したURLにPOSTする。そして、そのPOSTの応答をBlenderの3DView上に表示する。

進捗

今回の進捗は、JPEG形式でレンダリングするところが実装できた。

勉強会当日は、この辺りを外部のライブラリでPNGファイルを経由してJPEGに変換していた。

import bpy

bpy.data.scenes["Scene"].render.filepath = '/tmp/kjunichi.jpg'
bpy.data.scenes["Scene"].render.image_settings.file_format='JPEG'
bpy.ops.render.render( write_still=True )

参考資料

関連記事