読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

Mac miniでSSHDを試した

おはようございます。先日奥さんの誕生日でした。長男は、アマゾンプライムTVのクリエーターギャラクシーに影響され、近所の100円ショップで材料を揃え、プラネタリウムを自作して、ママにプレンゼントしました。kjunichiです。

2016初のPC周辺機器の購入

昨年末より、度々Mac miniが反応しなかったり、劇重になることがあった。 当初はCPUが壊のか?と疑っていたが、今年になって、なんとなく、HDDが怪しいかも? となり、問題の切り分け、データの保全の一挙両得というこで、2016年初のPCパーツ購入に至った。

Mac miniの症状

割と、あれこれソフトが立ち上がっていると発生する気がする。 dockerが怪しくな、アップデートして最新のDocker toolboxにして、一旦は 収まったかに見えたが、数日前からまた症状がひどい。

よく観察していると、一見画面が固まっているように見えるが、メニューバーの時刻はしばらくすると更新されたり、 アクティビティーモニタの表示も、突然、これまでの更新をまとめて行ったりといった具合。

HDDをあやしむ理由

Disk First AidでHDDの問題は見つからないのだが、 Dockerでイメージのビルドを頻繁におこなったり、Cコンパイラでビルドしたりと、そこそこ仕事させてるというのが ある。さらに、Mac miniを使い始めた当初、コンセントが安物で、接触不良を頻繁におこし、マシンが落ちてることが 何度もあったことなど。

SSHDを試してみることに

本当は512GB程度のSSDにしたかったが、予算がない。 256GB程度だと、頑張れば手が届きそうではあるが、MacBook Proがこの容量で、すでにパンク寸前。 困った。というところで、SSHDが思い浮かんだ。

子供たちからの攻撃の危険もあるが

ケースは半むき出しの状態のものを購入。HDD(今回はSSHDだが)を生でみることでPCに興味をもってくれたら 我が家での味方が増えるかもという淡い期待から。

届いて試したら

Wifiが使えなくなった

どうやら、USB3.0は2.4GHz帯のWifiに干渉しやすく、これに当たった模様。

関連記事