non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

俺が結局webrubyでarray#sample出来るようにした件

はじめに

この記事は、@kjunichiの2014年パーソナルアドベントカレンダーの24日目の記事です。

webrubyでarray#sample出来るようにしてGithubにあげた

アウトプット大事。

本体は実は何もやらないで動いた

git submoduleで使っているmrubyのチェックアウトをmasterに向けただけ。

mruby-jsというモジュールの変更が必要だった。

RStringのメモリの効率化利用のコミットにこれが対応していなかっただけだった。

動かし方

git clone https://github.com/kjunichi/webruby.git
cd webruby
git submodule init && git submodule update
gem build webruby.gemspec 
gem install webruby-0.2.7.gem

既にWebrubyを動かしている場合

rm -rf ~/.webruby/gems/mruby-js

を実行して既存のmruby-jsモジュールを削除後

Rakefileのmruby-jsのモジュール取得先を以下のようにする。

conf.gem :git => 'git://github.com/kjunichi/mruby-js.git', :branch => 'master'

webrubyでirb

Array#sampleの他に正規表現、sleep、そしてbignumに対応した。

関連記事