読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

T100TA-DK32Gのその後

パソコン・インターネット
こんばんは、哺乳瓶でのミルクにようやく慣れてきた次男。なかなか薬を飲んでくれず、飲んだかと思いきや、溜め込んで噴水のように吐き出しニコニコ。ミルクに混ぜる作戦開始です。kjunichiです。

OpenCLが動かせた

Intel SDK、VS2013入れてOpenCLのデバイス情報の表示はHello world的なソースを動かすことが出来た。

困ったこと

キーボードを付けた状態でしか試してないが、長時間放置すると、復帰しない感じ。 電源ボタンをしばらく押し続けて、ようやく起動。 しかも、バッテリーが激減

ちょっとスリープして復帰だと特に問題が無いし、値段も値段なので、しばらく使わない時は こまめにシャットダウンという運用対処中。

その後、Widows UpdateやらAsusツールでの更新やったが、キーボードドックつけたまま、 日中スリープにして放置して、夜に復帰させてみたら、それなりにバッテリーが減ってる感じ。 MacBook Proのスリープの感覚とは違う!まぁ値段考えれば問題ない。

T100TA-DK32Gの購入がきっかけで勉強できたこと

Windows環境でもnode.jsのネイティブモジュールが結構いけそう

VS2013入れて、Win8.1用のSDKを入れることで、node-gypが動き出した。

node-gyp向けのサンプル的なソースはビルドして動かせた。

stdcallとcdeclと呼び出し規約があることを知る

node-webclのnode-gyp rebuildでエラー出力され知った。

Chocolateyそこそこ便利

emacsも入れられた。でも、なぜかDOS窓emacsだとよけなDOS窓が表示される。。

残り6GB弱

やはり、32GBはキツイ。まぁ、node-webclが動かそうと、 Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop なんて入れるからなんだがw

関連記事