non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

Cocoa Emacs生活始まる

Carbon Emacsありがとう

おはようございます。息子が3週目のジンクスで風邪を引き、いつものお腹と鼻水の風邪だろうと思ったものの、いざ、いつもの小児科医の先生に見せたところ、「ヘルパンギーナですね!」と、奥さんがツイッターでフォロワーさんの中で結構流行っている夏風邪で、のどに水泡ができ、飲食時にのどが痛く、そのせいで、体重が減ってしまったりと辛い症状とのことで、恐れていたまさにその病名!

幸い息子は、水泡の出来た位置が良かったのか、ほぼこれまで通りの食事が出来ています。とりあえずホッとしているkjunichiです。

 

結果的にはbrew install emacsだけで、日本語も入力できた

Snow LeopardでKernel task問題の解決を夢見て挫折したころ、Carbon EmacsメーリングリストでもCocoa Emacsの話題が挙がり、かなり実用的になるが、それなりにパッチが必要みたいな記憶がありました。

ググってみたところ、それらしいページを見つけ、

 

brew edit emacs

 

で該当箇所を編集。

ところが!

パッチが適応できない!というエラー。

どうやら、見つけたページの情報は23系の対応方法で、

24系ではそのまま、適応できない臭い。

 

brew editで編集を失敗した場合の対処

 

brew fetch --force emacs

 

--forceオプションがポイントでした。

 

Emacs.appの謎

 

/usr/local/Cellar/emacs/24.1/Emacs.app

をアプリケーションフォルダにコピーしたが、

init.elを設定していないのもあるが、Control+\で入力モードの切り替えを

行うと、入力メソッドを訪ねられる。

しかし、コマンドラインだと普通に日本語に切り替わる。

これはちょっと謎。

 

関連サイト

参考サイト

 

 

 

前述のbrew editで失敗した際のリカバリー方法のヒントになった。

 

 

 

初代Mac mini購入時以来お世話になりました。

 

関連記事