読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

MOTION EYEをProcessingで使う

パソコン・インターネット

最近のType Pの利用状況

Type PのMOTION EYEを買った当初はあれこれ模索してましたが、
最近はType Pそのもの出番が少なく、もっぱらデスクトップに
向かってましたが、Processingから簡単に使える事が分かり、
あれこれいじってます。
意外にもAtomの非力なCPUパワーでもリアルタイムでフィルタが
かけられたりして、色々遊べそうです。

JMyronで取得したint型の配列をPImageにするには

int[] img = m.image();
PImage = createImage(320,240,RGB);
for(int i = 0; i < pimg.pixels.length; i++) {
pimg[i] = img[i];
}
pimg.updatePixels();

PImage型にしてしまえばこっちのものです。

関連記事

6年後の記事