non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

MOTION EYEをProcessingで使う

最近のType Pの利用状況

Type PのMOTION EYEを買った当初はあれこれ模索してましたが、
最近はType Pそのもの出番が少なく、もっぱらデスクトップに
向かってましたが、Processingから簡単に使える事が分かり、
あれこれいじってます。
意外にもAtomの非力なCPUパワーでもリアルタイムでフィルタが
かけられたりして、色々遊べそうです。

JMyronで取得したint型の配列をPImageにするには

int[] img = m.image();
PImage = createImage(320,240,RGB);
for(int i = 0; i < pimg.pixels.length; i++) {
pimg[i] = img[i];
}
pimg.updatePixels();

PImage型にしてしまえばこっちのものです。

関連記事

6年後の記事