読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

non vorrei lavorare

ブログ名の通りです。javascript three.js mruby rust OCaml golang julialang blender

Blenderで初めてのアドオンを作るまで ~その1~

おはようございます。最近、保育園に子供たちをお迎えにいってから保育園を出るまでの時間がかかりすぎるのが不満ですが、すこし改善しつつあります。kjunichiです。

背景

第3回:3月26日(日)Blender勉強会(UE4よちよち勉強会_スピンオフ)@HDE(渋谷) : ATNDにも参加して例年にも増してBlenderでなにかやろうという意気込みはある。

勉強会当日作ったコードをプラグイン化して、レンダリング画像をPOSTしてTensorflowで画像分類するサンプルを Webサービス化したURLに投げ、結果を表示するという一連の処理を実現しようとしている。

作りたいアドオン

URLを設定し、ボタンを押すとJPEG形式でレンダリングを行い、 結果を登録したURLにPOSTする。そして、そのPOSTの応答をBlenderの3DView上に表示する。

進捗

今回の進捗は、JPEG形式でレンダリングするところが実装できた。

勉強会当日は、この辺りを外部のライブラリでPNGファイルを経由してJPEGに変換していた。

import bpy

bpy.data.scenes["Scene"].render.filepath = '/tmp/kjunichi.jpg'
bpy.data.scenes["Scene"].render.image_settings.file_format='JPEG'
bpy.ops.render.render( write_still=True )

参考資料

関連記事

Windowsでデスクトップキャプチャーして動画をつくるには

おはようございます。相変わらず、次男がベッドから頭をはみ出して寝て、ひどいときは完全に頭がベッドから落ちて、頭に血が上った状態で寝ているところを発見することもよくあります。kjunichiです。

Windowsでのデスクトップキャプチャー

Windows10からは標準でウィンドウ単位のキャプチャーはできるようになったが、デスクトップ全体の キャプチャーがこのWindowsキー+Gではできない。

github.com

なるElectronベースでキャプチャーするソフトも作ってはいるのですが、フレームレートが出なくて、 ちょっと調べた。

ffmpegで出来た

DirectShow経由での紹介も見つけたが、これだと、別途ffmpeg以外にモジュール?のインストールが必要だった。

ffmpeg単体で出来る方法を以下に見つけ、

で、だいたいよかったが、このままだと、作成した動画はVlcでは再生できるが、Windows標準のプレーヤーで再生できなかった。

似たようなことをmacOSで経験したことがあり、

の記事を思い出し、

ffmpeg -f gdigrab -i desktop -vcodec libx264 -pix_fmt yuv420p output.mp4

で、Windows標準のプレーヤーでも再生できるようになった。

関連記事

2017年第1四半期振り返り

こんばんは。今週は子供たちが早起きしています。kjunichiです。

全体

良かった点

  • 新調した自作PCWindows環境の整備がほぼ出来た。
  • mruby-http2をWindowsで動くように出来た。
  • 前からやりたかった、Tensorflow、EC-CUBEを動かせた。

課題

  • Youtuber活動がやれなかった。
  • 朝活が出来なかった。

月別

1月

Windows環境の整備

Windowsでのnghttp2のビルドに必要な周辺環境の整備を行い、mruby-http2をWindowsで動かした。

Rustの勉強会に参加

3月に少し、Rustのコードを書いて、スレッドを試した

記事

2月

画像をPOSTする送信と受け側の実装

処理が重い場合は、redis等を使って、WebSockerでやり取りをぼんやり考えたが、手を動かせていない。 そもそも、そういう思い処理なので、クライアント側でポーリングしてもそれほど負荷ではない気もしている。

  • tensorflowをうごかす
  • herokuアプリのメンテ
  • haconiwaでh2o

記事

3月

  • EC-CUBE
  • Blender勉強会
  • fluentd
  • dockerを複数ホストで使うに悩む

記事

関連記事